スポンサーリンク

「宝石を売る夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「宝石を売る夢」の意味お金・経済・商品
お金・経済・商品

「宝石を売る夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「宝石を売る夢」の意味

「宝石を売る夢」の意味

「宝石を売る夢」は、「あなたが今まで大切にしてきたモノ・相手の価値が感じられなくなってくる変化」を意味しています。

「宝石を売る夢」には、「(主に価値観・感性の変化によって)恋人・配偶者・親友などの自分にとって重要な相手と別れてしまう可能性」が反映されているのです。

この夢を見たときには、「経済的に追い込まれやすい運気+お金に困って大事なものを質入れしないと乗り越えられないピンチ」などの金銭運の低下も示されています。

「宝石を売る夢」の診断

「宝石を売る夢」の診断

「宝石を売る夢」には、いろいろなシチュエーションや展開を考えることができます。

「宝石を売る夢」の、各種のシチュエーション(場面)ごとの「意味・暗示・警告(アドバイス)」について診断していきます。

「宝石を知らないお客さんに売る場合」

「宝石を知らないお客さんに売る場合」は、「あなたの金銭欲が強くなりすぎていて、その欲が原因で対人トラブルを起こしやすい運勢」を意味しています。

「人によく見られたいという見栄・体裁を理由にした高級品の散財」をしやすくなっていますが、十分な預貯金がないのであれば、不要不急の高級品の買い物はやめておいたほうが無難です。

この夢を見たときは、「自分にとって本当に価値のあるものが何なのか分かりにくくなる変化」が起きやすいのです。

「宝石を知り合いに売る場合」

「宝石を知り合いに売る場合」は、「今まで深い交際・交流をしてきた相手と疎遠になりがちな運勢」が暗示されています。

その反動で、「お金でつながった人間関係だけになって最後に裏切られるリスク」も発生してくるでしょう。

「貧すれば鈍する」の運命になりやすいのです。

その結果、お金に困るとなりふり構わない行動をしてしまい、それが法律・道徳に違反して信用を失うことにもつながりかねません。

「お金よりも大切な人との関係+その人からの好感度・信用」を失わないように気をつけましょう。

「宝石を売って大金を得る場合」

「宝石を売って大金を得る場合」は、「あなたが金銭的に強欲になりすぎて失敗する恐れ」を意味しています。

この夢を見ると、「価値観や考え方の変化」によって、「今まで大事にしてきた物事や相手」を軽視しやすくなります。

しかし、そんな時こそ「自分のことを本当に心配して助けてくれるのは誰か?」について真剣に考えたほうが良いでしょう。

「失ってからその人のかけがえのない大切さに気づく手遅れの事態」になりやすいので、普段から大事な人とは定期的にコミュニケーションを取り合ってください。

まとめ

まとめ

今回は「宝石を売る夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「宝石を売る夢」は、「あなたが大事にしていたものや人の価値を感じづらくなる運勢」を意味しています。

「今まで深い付き合いをしてきたパートナー・親友との関係性」に大きな変化が生じてくる可能性があります。

この夢を見たときは、「大切な人との今後の関係をどうしていきたいのか?」について納得ゆくまで考えてみることが必要です。

「自分にとって本当に必要で大切な人」を失わないように努力しましょう。