「家族が殺される夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

「家族が殺される夢」の意味病気・ケガ・トラブル・災害・犯罪
病気・ケガ・トラブル・災害・犯罪

「家族が殺される夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

「家族が殺される夢」の意味

「家族が殺される夢」の意味

「家族が殺される夢」「家族に悪いことが起こる凶夢」ではなく、「家族との今までの関係が良い方向に転換される逆夢」の意味を持っています。

「家族が殺される夢」には、「家族のメンバーに望ましい出来事や変化がもたらされる」という肯定的な意味もあります。

「家族が殺される夢」を見た後には、「生まれ変わったように家族の運勢が変わったり家族関係のあり方が変わったり(あなたの自立度がアップしたり)する可能性」があるでしょう。

「家族が殺される夢」の診断

「家族が殺される夢」の診断

「家族が殺される夢」には、いろいろなシチュエーションや種類を想定することができます。

「家族が殺される夢」の、いくつかのシチュエーション(状況)ごとの「意味・暗示・警告(アドバイス)」について診断していきます。

「家族が殺されて悲しい場合」

「家族が殺されて悲しい場合」は、「まだ完全に自立する心構えができているわけではないけれど、少しずつ着実に自分自身の人生を歩くための準備が整ってきていること」を意味しています。

「家族が殺されて悲しい場合」というのは凶夢の印象もありますが、「家族がそれぞれ他のメンバーのことを思いやりながら、自分が進むべき道を模索して前進していく」という肯定的な意味があるのです。

この夢を見た時は、「家族が困った時に手を差し伸べるような優しさ」によって、家族運・対人運が急速に上昇します。

「家族が殺されても平気な場合」

「家族が殺されても平気な場合」は、「あなたの精神的自立度がマックスに近づいていて、一人でも十分に世の中をサバイバルしていけること」を反映しています。

仕事状況も順調に動いていて、あなた自身に「物心共に厳しい人生を生き抜く力」が備わっていることを示しています。

しかし、「人生の最後まで誰にも頼らずに生きるような自立」は幻想であり、人生の要所要所で家族や恋人、友人と協力しなければならない場面が出てきます。

「自分の周りで支えてくれる人への感謝・尊敬」を忘れないようにしてください。

「家族が殺された時に犯人を見る場合」

「家族が殺された時に犯人を見る場合」は、「家族関係に第三者が関係することによって、家族が良い方向にも悪い方向にも変化する可能性があること」を暗示しています。

良い意味の解釈では、「家族の誰かが結婚したり子供が生まれたりする変化」が起こりやすくなるでしょう。

悪い意味の解釈では、「家族の中に詐欺師・犯罪者・DV加害者のような人が入り込んできて、家族関係をかきまわすリスク」もあります。

まとめ

まとめ

今回は「家族が殺される夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「家族が殺される夢」は、「家族の成員の運勢が幸運になる方向に変わることを意味している逆夢」になります。

「家族が殺される夢」を見た時には、「家族との嫌なしがらみを断ち切れる変化+家族からの自立度が高まって自由に動けるようになる変化」が起こりやすくなるでしょう。

あなたと家族との関係性を見直す絶好のチャンスにもなってくるので、「お互いの居心地が良い自立的な家族関係」を目指していきましょう。