「踏切を渡る夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

「踏切を渡る夢」の意味細かい夢
細かい夢

「踏切を渡る夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

「踏切を渡る夢」の基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

「踏切を渡る夢」の意味

踏切を渡る夢は、夢占いで何を意味するでしょうか。

「踏切」は、線路と道路が交差する場所にあり、電車と車、あるいは歩行者が衝突するような事故が起こらないための設備となります。

逆に言えば、アクシデントやトラブルが起こりやすい場所と言えます。

また、「開かずの踏切」という言葉があるように、「遅滞」を意味する夢と考えることができます。

「踏切を渡る夢」は、トラブルやアクシデントを乗り越えて、人生を歩んでいくような意味のなる夢になります。

他人の人生と交差するときに起こりやすい、トラブルやアクシデントに見舞われそうになりながらも、乗り越えて、自分の人生を生きようとしている人が、踏切を渡る夢を見るのではないでしょうか。

「踏切を渡る夢」の診断

踏切を渡る夢を見た人は、アクシデントやトラブルに負けず、頑張ろうとしていると考えることができます。

この夢を見た人は、近い将来にアクシデントやトラブルに見舞われる可能性があります。

また、重要な仕事の局面を迎える人もいるでしょう。

コンペの責任者となり、あなたと社運を賭けた勝負に出るような人もいるのではないでしょうか。

このような事態を乗り越えられそうだと、この夢は示唆しています。

決して順調ではないかもしれませんが、ターニングポイントになりそうな場面を、何とか乗り越えられそうだと、夢が告げています。

これから大きな勝負に出たり、アクシデントやトラブルに巻き込まれた人は、絶対に成功させる気概を持って、前に進んでみてはいかがでしょうか。

「踏切を渡る夢」で、開かずの踏切の場合

踏切を渡る夢で、開かずの踏切だった場合は、あなたが直面する問題の解決に、かなりてこずりそうだという暗示になります。

出勤前に開かずの踏切につかまって、30分以上動けないような状況になるように、タフな勝負所を迎えそうな雰囲気があります。

しかし、そのような状況でも、絶対に踏切を渡るような気概を持ち、頑張ってみてはいかがでしょうか。

開かない、開かずの踏切は、この世にないはずです。

「踏切を渡る夢」で、踏切が長い場合

踏切を渡る夢で、踏切が長い場合は、苦労する時間が長くなるというサインかもしれません。

ターミナル駅のように、たくさんの路線が集合している駅の踏切は、とても距離が長くなることがあります。

この夢を見た人は、長い路線を渡り切るのに時間がかかるように、勝負どころで勝ち切るためには、長い時間がかかるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「踏切を渡る夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

この夢を見た人は、これから人生のターニングポイントを迎えそうな運気となります。

夢占いの結果を参考にして、この大切なポイントを無事に通過しましょう。