スポンサーリンク

「顔が変わる夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「顔が変わる夢」の意味細かい夢
細かい夢

「顔が変わる夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「顔が変わる夢」の意味

「顔が変わる夢」は、自分の新たな一面に気がつくことを暗示しています。

実際に見た目が変わるといった意味ではなく、内面的なことを示していると解釈してください。

自分の特技、才能に気がついたり、新たなことへ興味がわくといったことを経験するかもしれません。

それによって周りの人から、驚かれることもあるでしょう。

また夢の中であなたがどのように感じていたかで、診断が変わってきますので夢の内容をよく思い出してください。

「顔が変わる夢」の診断

「顔が変わる夢」で、あなたはどのような気持ちになったでしょうか。

さらに詳しい診断を見ていきましょう。

「顔が変わって満足した場合」

「顔が変わる夢」で、あなたは変わったことに対して満足していた場合です。

この夢は、あなたが自分を変えたいという願望を持っていたり、新たな一面に気がついて嬉しいと思っていることを暗示しています。

現実の生活で、あなたは自分の才能を認められたり、周りから褒められるようなことが起こる可能性が高まっています。

それによって、あなたも満足することでしょう。

しかし気をつけなければならないことがあります。

それは周囲による嫉妬も同時に買ってしまうということです。

全ての人が、あなたの才能、個性に対していい感情を持つわけではないのです。

ライバル的存在として、マークされるようなこともあるかもしれません。

新しい人間関係、世界が広がったと同時に、疎遠にしたり、場合によっては終わらせなければならないこともあるでしょう。

人生の転換期にあると解釈し、冷静に見極めていくようにしてください。

「顔が変わって嫌だった場合」

「顔が変わる夢」で、顔が大きく崩れたり、自分好みではない顔になって、嫌だと感じた場合です。

この夢は、あなたが自分の性格の嫌な一面に気がついたり、限界を感じるなど、ネガティブな気づきを経験するという暗示になっています。

例えば、自分の才能だけでなく、周りを見下す気持ちを持っていたことにも気がついてしまうかもしれません。

それによって、それまで友達だと思っていた人とのつき合いに限界を感じてしまうこともあるでしょう。

残酷なように思えますが、どちらかのレベルが上がりますと、対等ではなくなってしまいますので、それまでの関係性が崩れてしまうことはある意味仕方がない時もあります。

あまり自己嫌悪に陥らず、新しい自分、関係性を作っていくことに意識を向けてください。

まとめ

今回は「顔が変わる夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

この夢は、運気や生活環境が変わる時に見やすいと言えます。

いい意味、悪い意味、どちらもありますが、基本的に人は成長して変わっていくものですから前向きに受け止めていくようにしましょう。

また人間関係も永遠ではありません。

同じように高め合っていける相手であれば長続きしますが、そうでなければ自然と離れる時が来るものです。

夢占いを参考に、自分を高める行動をとっていきましょう。