スポンサーリンク

「マスクが売り切れている夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
マスクが売り切れている夢お金・経済・商品
お金・経済・商品

「マスクが売り切れている夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「マスクが売り切れている夢」の意味

「マスクが売り切れている夢」の意味

「マスクが売り切れている夢」は、自分の考えていることを人に知られない様にしていることを表しています。

「これを知られたら嫌われる」「軽蔑される」と思っていることがあり、絶対に人に悟られない様にしているのす。

「マスク」は、「本心を隠したい気持ち」を象徴していて、「売り切れる」という状況は「全力を使い果たすほど隠したいと思っている」という意味です。

何が何でも秘密にしたいと思っていることがある時に見る夢です。

「マスクが売り切れている夢」の診断

「マスクが売り切れている夢」の診断

「マスクが売り切れている夢」をシーン別に診断します。

「ドラッグストアでマスクが売り切れていて残念に思う夢の場合」

ドラッグストアでマスクが売り切れていて、残念に思う夢の場合、噂を恐れていることを表します。

人に知られたくないことがあり、それが噂として広がることに不安を感じているのです。

不倫や二股などをしている人が見ることが多い夢です。

「開店してすぐに行ってもマスクが売り切れていてがっかりする夢の場合」

開店してすぐにお店に行っても既にマスクが売り切れていて、がっかりする夢は、自分の本心を偽っている為に、かなり苦しい状態に陥っていることを表しています。

言いたいことを言わない為に、どんどん自分に不利な状況に追い込まれてしまっているのです。

「マスクが売り切れて途方に暮れる夢の場合」

会議やイベントに参加する為に、マスクの着用義務があるのに手に入らず途方に暮れる夢は、これ以上本心を隠しておくと大切な人から嫌われる可能性を表しています。

恋人や親友に隠し事をしている人は、正直に打ち明けるべきです。

まとめ

まとめ

今回は「マスクが売り切れている夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

この夢は、「どうしても隠したい本心」を表しています。

夢を信じて人に対して素直になりましょう。