スポンサーリンク

「柴犬を飼う夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「柴犬を飼う夢」の意味細かく夢分析
細かく夢分析

「柴犬を飼う夢」を見た場合、どのような意味があり解釈ができるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「柴犬を飼う夢」の意味

「柴犬を飼う夢」は、「一度親しくなった友人・恋人との関係が、途中で切れることなく長続きすること」を意味しています。

この夢は、「友情に厚い友達ができること+絶対的な信頼のおける恋人ができること」を暗示しています。

「柴犬を飼う夢」を見たときは、「あなたに対して忠誠心と奉仕欲求を持つ最高のパートナーができる可能性」が高まってきます。

この夢を見たら、「特別なイケメン・美人やエリートではないけれど、一緒にいるだけで守られている感覚を感じることのできるあなたにとってのベストな恋人・家族」ができやすくなるのです。

「柴犬を飼う夢」の診断

「柴犬を飼う夢」の状況別・心理状態別の意味合いを診断していきます。

「柴犬を飼う夢を見て印象が良いと感じる場合」

「柴犬を飼う夢を見て印象が良いと感じる場合」は、「あなたが愛している以上の愛情を常に返してくれる素敵なパートナーができる可能性」を意味しています。

友人関係においても、「あなたが困っている時には、自己犠牲を払ってでも助けてくれる情に厚い友達」ができやすくなっています。

あなた自身も友達・恋人のために献身的に動いて貢献することで、「友達・恋人のあなたに対する敬意+信用」がますます高まっていくでしょう。

「プライベートの人間関係・恋愛関係」が充実しやすい運勢になっていますが、「お互いの特技を持ち寄って協力する仕事のパートナーシップ」にも恵まれやすいでしょう。

「他者に対して惜しみなく与えるギバーになること」で、それ以上の応援や助けを与えてもらうことができます。

「柴犬を飼う夢を見て印象が悪いと感じる場合」

「柴犬を飼う夢を見て印象が悪いと感じる場合」は、「自分を信用してくれた相手をあなたが裏切ってしまう恐れ」を示唆しています。

「相手の愛情・好意・親切」に対して十分な恩返しをすることができないだけではなく、結果として裏切るようなかたちになって「後味の悪い思い」をしやすくなっています。

また「表の顔と裏の顔が違いすぎる相手」が、あなたにアプローチしてきて、人間不信になってしまう恐れも現れている夢です。

初めの頃は「とても性格の良い信用できる人」だと思っていたのに、付き合いが長くなるにつれて、「あなたに対する過剰な要求・指示・命令」が目立ちやすくなるといった経験をしやすいので気をつけましょう。

まとめ

今回は「柴犬を飼う夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

「柴犬を飼う夢」を見たときは、「あなたを決して裏切ることのない愛情深いパートナーとの出会い」に期待することができます。

「友達のために犠牲・負担を惜しまない行動」によって、「どんな時にも助け合える理想の友人関係」にも近づいていくことができそうです。

あなたの人柄や性格を慕ってくれる人たちを、裏切らずに大切にすることで運気は止まることなく上昇します。