スポンサーリンク

「服を作る夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

スポンサーリンク
「服を作る夢」の意味細かく夢分析
細かく夢分析

「服を作る夢」を見た場合、どのような意味があり解釈できるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「服を作る夢」の意味

夢に現れる服は、社会や他人に対する姿勢や態度を示しています。

いわゆるあなたの社会的な立場や役割、それを演じている自分自身です。

そんな服を夢の中で作るのはどんな意味があるのでしょうか。

服を作る、つまり服を縫うのは、新しい人生を望んでいたり、実際にそれが始まりつつあることを暗示しています。

これから生まれる新しい世界や恋、新しい自分の象徴です。

服を縫うのは、新しい人生の出発を暗示し、結婚のチャンスに恵まれる可能性も高いでしょう。

恋愛だけではなく転職や引っ越しのチャンスでもあります。

「服を作る夢」の診断

服を作る、服を縫うのは恋愛に関して非常に幸運な夢です。

理想の相手と恋に落ちたり、恋愛に嬉しい展開が訪れるでしょう。

あなたが恋愛中ならば結婚話が持ち上がるかもしれませんし、シングルなのであれば素敵な人と巡りあうかもしれません。

ひと針ひと針手で塗っていたら、これから起こる変化は喜ばしいものであるしるしです。

最後までキチンと縫いあげるのは、今あなたが取り掛かっていることが順調に進む暗示と考えてください。

しかし、同じ箇所を何度も縫っていたり、既に縫っている箇所を重ねて縫うのは、昔の恋を引きずっているしるしとなります。

過去に戻りたいと願っているのかもしれません。

作っているのがウエディングドレスならば、結婚への憧れとなりますが、実際に良い縁談や結婚の予兆でもあります。

「恋人や異性に服を作る場合」

自分自身の為ではなく、恋人や異性の為に服を縫うのは、恋愛や愛情面にもっと積極的になりましょうというお告げです。

この時、糸がもつれたり切れたりした場合、対人関係や愛情面で自信を失くしています。

上手く縫えずに途中で縫うのを辞めてしまうのは、何らかの障害に立ち往生してしまうかもしれません。

計画は様々な可能性を想定しておいた方が良さそうですよ。

「服を作るとき針に上手く糸が通る場合」

針に上手く糸が通るシーンが印象的な場合、ダメだと思っていたことに逆転のチャンスがやってきます。

願いが叶ったり嬉しい知らせがあるようです。

運気もアップしますよ。

もし、針で刺してしまった場合、人間関係のトラブルで傷ついているようです。

ただし、刺した指から血が流れていたならば、そのトラブルは近々解決するでしょう。

まとめ

今回は「服を作る夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

服を作るのは仕上がりがひと目で分かる確実な作業です。

仕上がり具合によって現在の様々な良し悪しが見えてくるでしょう。