「お酒で潰れる夢」の意味【夢占い】超細かい夢分析辞典

「お酒で潰れる夢」の意味 細かく夢分析
細かく夢分析

「お酒で潰れる夢」を見た場合、どのような意味があり解釈できるのでしょうか。

それでは、基本的な意味と、状況別の夢診断を見ていきましょう。

「お酒で潰れる夢」の意味

お酒は百薬の長でもありますが、飲み過ぎると毒にもなるものです。

夢で見た場合は色々な意味を持つのですが、交友関係や健康状態を表すことが多くなります。

お酒を飲むのは、自分を変えたい気持ちが表れているのですが、自分の力ではなく、外からの力によって変えたい気持ちが反映されています。

お酒で酔うのは、現実での失敗やうまくいかないことを解消したい気持ちであり、潰れてしまうのは、人からの影響を受けやすい状態です。

悪い影響を受けないように注意してください。


「お酒で潰れる夢」の診断

お酒で潰れるのは、人の言っていることの受け売りになっていたり、皆でやれば恐くない精神になっている可能性が高い状態です。

まわりに振り回されやすくなっていますので気をつけましょう。

完全に潰れてしまい吐いたり気持ち悪くなるのは、胃腸関係が弱っているのかもしれません。

心当たりがある人は早めの対処をしてください。

普段からよくお酒を飲む人は、これをキッカケに休肝日を作るのも良いでしょう。

好きな人の前で潰れてしまうのは、告白したいのにできないでいる状態を表しています。

思いを伝えられずもどかしい気持ちでいっぱいなようです。

酔い潰れて醜態を晒してしまったならば、かなりストレスが溜まっている暗示となります。

ストレスを発散する工夫を心がけましょう。


「お酒で潰れて介抱してもらう場合」

本当は助けて欲しいのに強がっているのかもしれません。

時には素直にヘルプを出してみましょう。

又は、自分を本当に理解してくれる人を求めている可能性もあります。

どちらにせよ、自分から心を開くことが大切です。

潰れて、そのまま川や池に落ちてしまうのは、意外な人が協力者になる暗示です。

特に目上の人が頼りになるでしょう。

素直に力を借りるのが吉です。

「お酒で潰れる人を見かける場合」

お酒で潰れる人を見たら、金運が下降気味なので無駄遣いには注意してくださいね。

潰れた酔っ払いに迷惑をかけられるのは、些細なことが原因でのトラブル警告です。

言動や行動に気をつけましょう。

但し、その人が知り合いで介抱してあげたならば、あなたの面倒見の良さで信頼を築けるでしょう。

まとめ

今回は「お酒で潰れる夢」の意味、状況別の診断などをお伝えしました。

もし警告の夢を見ても落ち込まないでください。

自分のことは自分で責任をとるという気持ちを持つことが大切です。

自分を変えるのも、自分自身の努力こそが近道になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました